フリーのWebデザイナーです。
日頃お付き合いのある制作会社さんから商談から請け負って進めていきたい案件を依頼されました。
担当者がクライアントへ打ち合わせに行くときに「一緒に行って打ち合わせして欲しい。その時は制作会社の名刺を使って欲しい」と言われました。理由は担当者が話すよりも私が話した方が成立するからという判断のようですが、外注しているのを先方に知られたらどう思われるかわからない(信頼をなくすのでは)と懸念しています。

私としては制作実績に載せられないと受けないスタンスです。
みなさんこういったことはありますか?その場合どうしてますか?

みんなの回答 14 件

名無しさんの回答

受けない

名無しさんの回答

制作会社の名刺を使わなければならない理由を聞いて判断。
まあ断るわな。

名無しさんの回答

やりようはいくらでもあると思いますが、自分が譲れないと思うことはやらなきゃ良いと思います。
不自由な自分ルールを作って、やらない理由ばかりにならないように常に働き方は多様であってよいと心掛けるようにしています。
しかしながら、ポートフォリオに載せられないなら、実質、金でしか見れませんので、正直シビアにはなりますね。

名無しさんの回答

いくら貰えるかにもよりますね。口止め料込で、納得できるなら受けてもいいのでは。
納得出来ないのなら、さようならで。

名無し

口止め料ないとしゃべってしまうようなそんなあなたとは仕事はしません

名無しさんの回答

こんなのどこにでもある、よくある話です。
フリーのデザイナーなんて色んな名刺を持ってたりしますよ

>私としては制作実績に載せられないと受けないスタンスです。
この理由はくだらないと思うのですが、トピ主が譲れないことなら断ればいいのでは

名無し

あなたがくだらないと思う理由を書かなければ単なる誹謗中傷と変わりません。

名無し

そもそも制作会社の下請けの仕事している時点で自分の制作実績に載せられると思っているのが間違いそれが嫌なら自分で直接仕事とってくればいい(それでもクライアントによっては載せたくないって人もいますが)くだらないは言いすぎたかもしれませんが仕事を受けるのに制作実績に載せる載せないで仕事を受ける受けないという判断する人がいる事が勉強になりました。制作実績にのせる事なんて、クライアントにとってもユーザーにとってもなんのメリットもない(有名なデザイナーの方だと載せてもらえる事にメリットは沢山ありますが)普通の一般的なデザイナーが言っているのであれば自分の利益を追求しているワガママにしか聞こえませんそんな事をスタンスにしている事がくだらないと思いました。

名無しさんの回答

信条に合わないなら断るべきでしょう。あとで後悔しても遅いし。

名無しさんの回答

私も基本自分をクライアントに紹介してもらう際には個人名義でお願いしています。
間に入る会社の規模や、間に入るその人が信頼、もしくは仕事が出来る人かにもよりますが、クライアントと揉めたり、折衝が必要になった場合、自分の意見も言えず、我慢する必要が出るのが嫌だからです。
正直、右から左に話を流すだけでマージンを取られて、意見も言えず、自分の実績にもならない仕事なんてフリーで受ける意味は全くありません。

もしも個人名義で受けられないのなら折衝から管理まで全て間に入った会社に担当してもらいます。
私個人は一切担当者とは話しませんし、打ち合わせにも出ません。
そもそも偽装請け負い臭くて嫌だし。管理責任や工数まで押し付けられてはたまりませんので。

名無しさんの回答

一度受けてみたら。それでしんどかったら、次からは止めたらいい。しかし、トピ主からの反応がないところを見ると釣りなのかな。

名無し

いや、質問からまだ8時間程度しか経ってないのに「反応がない」ってせっかちすぎる。せめて2、3日くらいは待とうよ。

名無しさんの回答

この業界に限らず、どの業界にもある話かと。
外注するしないは、あくまで契約上の話であって、あなたが制作することには変わりはないですね。
指定された名刺を使っても、あなた個人の能力が変化するわけでもありません。
名刺は違えど、通常通り、あなた個人の能力をクライアントに売ることになると思います。
僕だったら、クライアントに提携企業の内部的なことを聞かれても困っちゃうから、つじつまがおかしくならないように、名刺2つ出て、あらかじめ、普段は違う肩書きで動いています、と伝えるけどな。
制作実績に載せられるかどうかは、提携企業との契約上の話なので、名刺とは関係なく、別途交渉すればいいだけですよね。

名無し

外注しているのを先方に知られたらどう思われるかわからない(信頼をなくすのでは)と懸念していると書いているのに、名刺2つ持ってあらかじめ伝えろとかややこしい

名無しさんの回答

よくある話ですけど、厳密には不法請負にあたるとなんか聞いたことあるような。ソースが探せない…。

名無しさんの回答

すみません遅くなりました、トピ主です。みなさん回答ありがとうございます。釣りじゃないですので。
色んな考えがありますね。今回は個人的に実績に載せたい案件なんです。金も大事ですが実績に載せられないなら断ろうかなと思ってました。
確かに制作会社の内部事情とか突っ込まれても困るのであらかじめ2つの名刺を渡して説明する、実績に載せるか載せないかはまた別の話ですよね。
制作会社側は下請けに流してるのをクライアントに知られたくないので、「今回は制作会社の人間として折衝するが、別の肩書きの名刺も渡し、そちらで実績を載せても構わないか」と交渉してみます。

名無し

交渉してみなはれ

名無し

可能な限り要望は伝えてみるべきですね。ダメなら「そっか」位な感じで

名無しさんの回答

営業よりで尚且つポジティブな考え方ですが、トピ主に仕事を出すためには自分(担当者)では力不足だから協力してくれないか?という、発想はいかがでしょうか。そして、名刺も会社の使用してほしいというのは、そういうクライアントだからではないでしょうか。
今回の案件がどれだけのネームバリューがあるかはわかりませんが、個人で取れないような案件であれば受けた方がいいと思います。
表には出せないけど話のネタにはなると思います。※ネタの解釈が分からない人はあしからず

名無し

ネタて

名無しさんの回答

実績に含めたい案件だから載せられないならやらないとか、制作会社の名刺を配らなきゃいけないからやらないとかだと、どこまでの関係値が分からないし、トピ主と繋がってて仕事をくれる所は何社あるかは分からないけど、実績に載せたいってことはその他の人間に見てもらいたいからですよね?

自分の経験よりも、お金よりもそこを重視するのなら受けなきゃいいのでは?せっかく仕事をいただくことができているのにそのこだわりで次から仕事がこなくなったら?

特にフリーはパイプが命だと思うから実績と名刺にこだわってないで、受ければ良いのに!

あと、名刺!
名刺なんてどこのでも良いでしょう?
問題は、名刺じゃなくてあなたがどれだけ企業に顔を売ることができるかだと思う!会社が変わっても人間的な付き合いがあるクライアントは、人で選ぶと思う。どこの誰々じゃなくて○○さんに仕事をお願いしたいと言わせるぐらいになれば良いんだから、結局名刺なんて数千枚のうちの一枚ですぐにケースに入れて終わりですから!

それに、デザイナーが打ち合わせに出れるってことは、意見が言えるんだから得じゃない?

仕事はいただけてるうちが花なんだからさ!

名無し

名刺がどこのでもいいって?

名無し

名刺で仕事が成り立つのは、お役所と大企業だけ。外注を隠しているようじゃいい仕事なんかできやしない。人との出会い、人の繋がり、一つ一つの仕事を大切にしていかないと。一緒に営業に行ったら、もっと仕事量が増えると思よ。

名無し

コメ主です。名刺がどこのでもという解釈が分からないのならそれはそれで良いと思う。私は会社で働いている人間ですが、デザイナーメインの人間じゃなくて直接お客様とやりとりもしつつ、頂ける仕事は内部か外部に振り分けて仕事をしています。フリーじゃなくても仕事を頂けるというお客様は大切だし、会社名で仕事をもらうのではなく、1人の人間として仕事を頂けています。連絡を密にとるなどして意見交換をして、意思疎通をとることができれば仕事は自然と次から次へと増えていきます!だから、名刺は最初の挨拶にすぎないんですよ!会社が変わっても人間と名前は基本的にはかわらないんだから。営業さんは名刺をたくさん配ることが重要だけど、どこの会社でも人間を売ることができなければ次の仕事は任せてもらえないと思います。上司からもお客様からも

名無しさんの回答

そもそも普段付き合いがあるということは、今までその会社で頂いていた仕事も実績として載せられないんじゃないですか? 下請けってことですよね?
みなさんおっしゃっているように、受けるか受けないかはあなた次第なので、自分ならどうに考えるかを書きます。

自分も自分の時価受けの他に下請けでもやっていますし、その会社の名刺を出したこともあれば、外注デザイナーとして打ち合わせに参加したこともあります。
下請けとして仕事した物はもちろん実績としては公開しません。
ただ、自分はポートフォリオなどどうでも良く、そのために仕事をしているわけではないので、打ち合わせや商談のディレクション料も見てもらえるなら喜んで参加します。

今までの経験で、デザイン案件で受けた場合に、間に入った担当者にはOKが出てもクライアント側で度重なる修正が出たり、そもそもこちらのデザイン上の意図がクライアントまで伝わらないため、結果的に手間ばかりかかってお金にならない(本来そこも請求するべきですが、もともと予算が決まっているので難しいことが多く・・・)ことが何度かありました。

そのため、可能であれば打ち合わせに参加する方が、お互いの雰囲気やニュアンスも伝わりやすいので、堂々巡りになるリスクを減らせ、結果的にうまくいくことが多いのではないかと思います。

自分はサイト経由での仕事より紹介やつながりの仕事が圧倒的に多いので、ポートフォリオなど全く興味なく、それよりも継続的に仕事を得ることが何倍も大事ですが。

僕個人の意見なので参考までに。

名無し

言い忘れましたが、名刺はその会社のものでもいきなり見たことない人が打ち合わせに参加すれば、たいていは外部の人間だと何となく気づきますよ。初めて仕事をするクライアントだったり、会社の規模にもよりますが。自分の場合、そうにしていた会社が潰れてしまったため、その時に顔を出していたクライアントには事情を説明して自分のお客さんにしました。

名無し

トピ主です。商談いってきました。名刺は結局私の名刺を出してくれて構わないとなりました。私もみなさんのご意見みているうちに「確かに名刺なんて一過性だしクライアントからみて大事な方にしたい」と思ったので会社の名刺を使ってくれと言われたら従おうと思っていたのですが、会社側は私のスタイルを尊重して頂きました。今回の件で腹割って話せたので会社側も信頼感アップだったらしく、今後の案件もよりスムーズに運びそうです。みなさんのご意見参考になりました。ありがとうございました!

最終更新日:2012-08-01 (6,662 views)

関連するトピックス

ページ上部に戻る