ID:xODVe2 さんの質問

アパレル・店舗・飲食等のサイトを直クライアントで受けている方は
どういった経緯で制作受託となりましたでしょうか。
また直ゆえに大変な点も教えていただけるとありがたいです。

自分は広告代理店経由のキャンペーン系サイトばかり制作しているデザイン事務所に所属していますが、ここ1-2年おそらく代理店経由ではない中小アパレル・店舗・飲食系サイトの方がデザインを大事にされている印象を強く受けます。
やはり担当者・経営者と知己の仲であることが大きいのでしょうか。
直クライアントから受託というものがどういったものか想像つきません。

みんなの回答 3 件

ID:Q4EXFm さんの回答

僕の場合は、100%コネクションです。営業等はしたことがありません。
クライアントの一つは、そこそこ有名なアパレルブランドです。

僕の場合は、出版関係でそのクライアントに関わっていた知人からの紹介で
仕事を貰いました。

ID:jYk.1H さんの回答

自分は、代理店(制作会社)が入る場合と、直クラと、半々くらいです。直クラは、ショップ、美容室、中小企業などですね。飛び込み営業は難しいでしょうが、知り合いがいると比較的かんたんに仕事は取れます。
たしかに、あいだに入っている人がすくないので、お客の顔も見えますし、企画やデザインがすんなりかたちになりやすく、そういう面白さはあります。

問題は、知り合いという気安さから、納期や予算がグズグズになりやすいということですかね。きちんとした進行役(プロデューサー)を立てたほうがいいですが、制作途中でペンディングになることも少なくありません。概して、着手から売掛金の回収までながびくケースが多いです。

ID:.cDZxM さんの回答

私は半分代理店、半分直です。フリーですが、3人でやってます。
中規模のアパレル/個人の飲食店なども仕事してますが、
直はほぼ100%紹介です。お客さんのお客さんの知り合いとか、、
友達の友達の会社の人とか、、色々。

難しい事は、山盛りありますね。
代理店案件より、ある意味何倍もしんどい事もあります。
価格、意思疎通、デザインにこだわりがあるという人…
そもそも商売自体がふらついてる人。生理的に合わない人。

ただ、長期的につき合えて、お互いに人間的な信頼関係が出来れば、
お金の面でも率直に話せたり、商売について意見を求められたり、
デザインをどう活用するかという議論を交わしたり、
将来的な野望を共有できたりして、やりがいもあるし、楽しいです。

私的には、代理店経由だから、直だからという区切りは無くして、
関係者と一緒に考えて、良いもの作って仕事を楽しみましょう!!
ついでにお金も稼げたら最高ですよね!!

というスタンスでやってます。

最終更新日:2013-08-19 (1,691 views)

関連するトピックス

ページ上部に戻る