-
ID:LqjOQP さんの質問

制作会社にお勤めの方、もしくはWebディレクターの方にお聞きします。
デザイナー・コーダーからWebディレクターに転身された方とそうで無い方はどちらが多いでしょうか?
またそれぞれのメリット・デメリットがありましたら教えてください。

みんなの回答 2 件

ID:bdzIUX さんの回答

身近では、制作者から転進された方よりは、そうでない方のほうが多いです。

メリットは、制作経験を活かした具体的な業務フローまで描いて提案・進行ができるということ。新しい技術を取り入れる際、どのように使えるか具体的に把握されている場合が多いこと。(例えばHTML5では何ができるようになるのか?など)

デメリットとしては、制作経験が足かせになってしまい大胆な提案ができない場合がありますが、全員がそうではありませんし、制作経験がない人にそれができるかというと別の問題なので、通常はそれほど差がつくものではないかと思います。

元戦士から勇者になった人と、元僧侶から勇者になった人、前者は攻撃が得意だけど後者は魔法がたくさん使える、という違いみたいなものだと思います。勇者(Webディレクター)としてのレベルが高ければ、元の職業は得意分野の差でしかないということです。

ID:y17cZi さんの回答

デザイナーからディレクターに転職

メリット:各スタッフの仕事の流れや気持ちが分かる。明確に指示できる。
デメリット:自分の負担が多くなる場合がある(デザイナーの能力が足りない場合)

最終更新日:2014-08-11 (2,440 views)

関連するトピックス

ページ上部に戻る