-
ID:ui.GMF さんの質問

Webデザイナーや経験のある方に質問です。

現在派遣で一ヶ月少し就業しております。
Webディレクターという名前のみで実際に知識のない人と仕事をするに当たって大変気を使います。(その方も派遣で自分より少し前からいるとのこと)

最初は、自分がいろいろできなかったり、間違ってるのかと思っていたのですが、最近話の内容自体の箇所が共有できていない事に気づきました。

例えば、

マークアップの内容
工数の把握(デザインやコーディングすべて)
仕様の内容把握

などの専門的知識の箇所です。

実際にやり取りをして、最近は、
構造把握の共有レベルや
指示が実作業の内容と合わないことがあったり、
工数の把握自体の指示がWebディレクターっぽくなかったり。

さすがにおかしいと思う内容は、遠回しに違うという旨を伝えても聞いていただけず、自分で調べ直す事も多いのですが、早くやって欲しい旨や逆ギレだけされたりで、言い返すのもと考えて取り組んでおりますが、何と無く、そのような事とも違うような気がしてきました。

大手でやっていた志の高い方への対処はどのようにされているか皆さんに伺いたく思います。

正直、今までがWeb業界と企業内でやっていたのですが、恵まれていたのかもしれませんが、そこまでの方にあったことがなく。。。
Web業界に携わってきた元同僚や先輩などに聞いても驚かれる内容が多いのです。

指示を待つよりもう自分でやった方がいい状態もありますが、現状の対処として良い方法があればコメントお願いします。

みんなの回答 8 件

ID:AtUnDK さんの回答

専門的なことを教えてもらえるだけ嬉しいと思いなさい。
経験上この業界は「誰も教えてくれない」です。
日進月歩ですからね、常に学びます。蔑まされます。あなたがディレクションの立場になりたいのか、マークアップやデザインになりたいのか そこで判別をつけたほうがいいです。が
もう独立も視野に入れたほうがいいのではと私は思います。

極端な話WEBだけでは食って行けませんからね。

ID:ui.GMF

意見がずれておりましたね。

誠に申し訳ございません。
そこそこいい歳なので、基本的に稼げないのは十分承知です。

私は女性なので同期入社で同じ実力でも男性よりもお給料は安いです。
すべてがそうとは言えませんが、
その日本の現状もわかっています。
海外でもやってみたいと思ってWeb関連で働いたりもさせていただきましたが、日本に戻って痛感しています。

一時期はとても悩みましたが、特に最近は気にする事もなくなりました。

でも他にできることと続けられる事がWeb関連業務ですので、近年は特にデザイナーの肩書きの何でも屋でした。バリバリというよりは、フレキシブルに動く状態で。

ただ、選択肢にフリーはないですね。

人脈とこれは負けない、や、好まれる得意な方向とお客様の相性でいっても、お金にならないダメな方だと思います。

お金に変えるのが下手だとも言えますが。

いろいろ悩みましたが、近年はしたいことよりもできることからの発展でいいと思っていますので、先をどうするかというのでまず派遣という形を選択してみただけなのですが、

先の事を親身にお答え下さってありがとうございます。

ID:Ei08Q0 さんの回答

この人イケテナイ、ブレテルと派遣会社を通じて上長に伝えるのが一番だと思います。

ID:ui.GMF

ありがとうございます。

派遣会社も実は、知っていたようです。

どうやら社員さんも気づいてはいるようですが、社員さんとお話した時に、立場もあるので

現状がうまくまわる方向にまず考えていったらどうかとお答えさせていただきました。

実際には基本業務も当初とはズレが多いので更新の有無の時期に相談してみますが、営業の方は自分の成績を気にするだけのタイプですので、
いってればいいという感じに感じていますね。。。。

ID:JNrZTg さんの回答

その方より知見も実績もある自信があるのであれば、詰めに詰めて恐怖政治で対応がいいかと思いますよ!激昂で分からせるしかないです。

ID:ui.GMF

ありがとうございます。

うまく円滑に回して様子を見ていきたい感じです。

したいのは山々ですが。

人数がいないので、先がストレスになるのでは。。。と。

一回、帰りに
鉢合わせて尋問のようなことや、
嫌味を言われたり

言い返そうと思ったのですが、

かわいそうに思ったの思いとどまりました。

ID:w4Xai9 さんの回答

先回りしてディレクターを転がす気がなければ大人しく郷に入るか、さらに上と相談するか。

相談してもダメなら、その場を離れるか郷に入るか。

ID:ui.GMF

ありがとうございます。

そうですね。

人間として成長するに当たって一つの答え参考になります。

相手も派遣なので、郷に入るほどではないので、転がすか相談ですかね。

ID:YaAaml さんの回答

実際のところは、その自称ディレクターさんが正しいのか、トピ主さんが正しいのかは、回答側からは皆目検討がつきません。
また、一般的なやり方、あるいは総合的に合理的なやり方という明確な答えがどこかにあるとしても、その環境に最適なやり方かどうかはまた別の話です。
早い話、トピ主さんだけずば抜けて優れた能力を持っていも、その他の技術者がそれについてこれないのであれば、トピ主さんの能力に合わせた環境はつくれません。

個人的な印象ですが、技術的な話ではなく、単にコミニュケーションの問題だと思います。説教じみた回答になりますが、基本は互いに相手を敬い、尊重し、その上で、その環境に最適なやり方をみんなで検討するしか方法がない気がします。トピ主さんの不満は、自分が相手に尊重されていないことを感じるからではないでしょうか?

ID:ui.GMF

ありがとうございます。

そうですね。
おっしゃる通りだと思います。
人数が本当にいないのでちょっとしたコミュニケーションが必要です。

自分はずば抜けてできると思っておりません。どちらかというといつもできていないと思います。

一つ言えるのは、尊重はされないよりされた方が誰でも気持ち良いものだと思います。

その相手もそうだと思うので、
その部分を満たせるようにしたいので相談させていただいています。

社員さんの方も、その方に自分の分の仕事が振りたくとも難しい箇所はあるお話はされていたのですが、皆のコミュニケーションがうまくいっていないのかもしれない事に気づきました。

違う視点でも少し考えてみます。

ID:28E6Zr さんの回答

今いる場所をすぐに離れる事は出来ないと思います。
ただ、いつぐらいには離れるという事を考えておくべきです。先を見据えて今の仕事に取り組むのが良いかと思います。

そうすると、敢えて自分を忙しく出来る限りの経験した方が良いです。制作だけじゃなく、クライアントとのやり取り、工数算出、スケジュール管理まで経験した方が良いです。それは次に進む一歩目の面接時に必ず聞かれるし、プラスになります。

スキルが足りてない方と仕事するのは大変だと思います。ただ自分が出来る限り忙しく働くという事が大切で、その方とのやり取りに時間を使うのはもったいないように思います。背中でその方に伝えるようにし、自分は次を見据えてスキルアップしておくべきです。

ID:ui.GMF

ありがとうございます。

私個人としては、基本的に制限はなくやりたいのですが、立場上、難しい箇所もあります。

とはいえ、いろいろ手伝える範囲で社員さんの状況などでできることはとは思っております。

ID:ui.GMF

追記ですが、前向きな意見がとてもありがたく感じます。

その点も踏まえて総合的に考えてゆきたいと思います。

ID:WGBpAm さんの回答

私も某大手メーカーで、ウェブデザイナー派遣として5年半いました。結論から言うと、日本の企業はほとんどそうですよ。

一般的に日本の会社は、何か意思決定をするのに、よくわからんプロセスがあったり、根回しが必要だったり、派閥があったり、しょうもない足の引っ張り合いが行われたりなどなど、およそ「非効率」と「理不尽」の宝庫で、組織としてのいち歯車である個人はどうにもならないです。

それよりもそういうことで悩むことは、あなたが成長していることですし、何も気にせず、他のことで自分を高めた方が賢いです。

ID:ui.GMF

ありがとうございます。

そうですね。

わからないからどうするか
なぜそうなるか

の選択肢と解決方法については、

一方的にデザイナーがダメだから、
そっちの仕事だ、
となる形が多いので、

現状は理解が難しいかなと思います。

それについては諦めました。
私ができないというので良いと思うので、更新なしの方向で検討を考える選択肢もありますので。
それまでに考えます。

ID:4hx1Rc さんの回答

営業の方がディレクタープロデューサーと名乗る時代です。
郷に従えないなら、辞めて転職するべきですね。

そりゃ、デザイナー上がりのディレクターが技術(スキル)理解力があるに越した事はありませんが。

心配しなくてもあなた方が十分上にいますよ。

ID:ui.GMF

ありがとうございます。

そのようですね。
いろいろな出身の方が関わっている業界ですので、痛感しております。

最近、社員さんも、しわ寄せがきており、制作会社にいたフレキシブル対応できるディレクターを入れる相談をされましたが、立場的なものと自分の状況的に何とも言えずの回答をしましたが、社員さんも気にしていらっしゃった事や気をつかっていらっしゃるのがわかりましたので、それだけでもありがたいです。

今の方も納得のいかない理不尽なことがあるから、言えそうな私をつついてきている事には気づいているのですが、そのような状況でも、一方的にサンドバッグになるのも相手の要求内容的にも限界があるので、いろいろな人がいるんだなと勉強になりました。

過去にお世話になったディレクターさん達の姿勢に感謝して、自分なりに前に進みたいと思います。

最終更新日:2014-01-10 (2,593 views)

関連するトピックス

ページ上部に戻る