W3QはBiztterに生まれ変わりました!
Web制作に関するお悩みはBiztterへどうぞ!

Biztterで質問する

ID:mglOls さんの質問

Web制作業界でのキャリアアップ(年収アップ)
Webデザインのキャリアが6年になります。
ですが、年収が350万円くらいです。
大学の専攻もデザインで卒業後のキャリアもWebデザインでしたので、ここ以外の業種に転職しようとも思わないのですが、これからのキャリアプランに少し悩んでいます。
業界一般的にはデザインよりもディレクターの方が年収高いんでしょうか?
正直デザインよりもお客さんと直接話をしたり進捗管理や営業的なことをするディレクターの方に魅力を感じています。
今の会社のディレクターの方はコーディングやデザインの知識があまりないので、「私ならWP、jQueryをいじれる観点からいろいろお客様に提案できるのに」、とかいろいろ考えています。
ディレクターや管理のポジションになると、それまで培った技術(コーディング・デザイン)を生かせることもあると思いつつも、デザイナーとしてのキャリアは終わってしまうので、潰しがきかなくなるのかな、とも不安でもあります。
今の会社がずっと存在するのかどうかもわかりませんし。
長くなってすみませんが、質問内容は以下の2点です。

●デザインよりもディレクターの方が年収高いか?
●ディレクターとしてのキャリアは、Web業界で需要はあるのか?(転職の場合デザイナーより高待遇か)

以上、よろしくお願いいたします。

みんなの回答 5 件

ID:5ZpSBt さんの回答

お前の言いたいことはよくわかる。この業界に5年もいれば、金に関して誰もが悩み、通る道だ。業界歴15年の私が結論を簡潔に言おう。

やはりこの業界の金稼ぎは独立してナンボ。スキルは高いに越したことはないが、それよりも人脈と人間力の方が重要。

会社に所属するならば、デザイナよりもディレクターの方が給与は高くなる。もちろんディレクターとしてのキャリアは、Web業界で需要はアリアリだ。

これからはクラウドソーシングが当たり前、日本は超高齢化社会を迎える。この業界の未来は、必ずしも明るくない。だが、他業界よりもより柔軟にフレシキブルになれるはずだ。私は今のうちにたくさん稼いで早期リタイヤするつもりだ。

お前らの検討を祈る!

ID:mglOls

アドバイスありがとうございます!
おっしゃる通り、人脈、人間力ってお金を稼ぐのにとっても大切だと思います。
私は当初、デザイナーとしてバリバリやっていくことに充実感を覚えたのですが、年収はあまり上がりません。もちろん私のデザイナーとしての能力不足はあると思います。
独立の予定は今のところないのですが、まずは社内でディレクターになれるか頑張ってみます。

ID:Jmc/hc

違います。

ID:8.8xn9 さんの回答

単純に言えば、職種云々よりも単価をどうやってあげるか、それを給与に反映するかどうかで年収が変わってくると思います。
ディレクターは単なる進行管理+企画の人もいれば、敏腕の人もいるので一概に言えないですがデザイナーからディレクターにステップアップというのは一昔前というのが自分の印象です。

会社の歯車になると会社の経営力に収入が左右されるのでそれが辛くて仕方ないのであれば独立もありかと思います。

ID:mglOls

もう「一昔前」という感じなんですね。
今はどういう方向でステップアップしている方が多いのでしょうか?

ID:Jmc/hc

違います。

ID:xKrzqC さんの回答

小さな制作会社で働いている者です。
私の会社ではデザイナーとディレクターの給与面の差はほとんどないです。
デザイナーがディレクションすることもあるので、給与に関しては
他の制作会社と少し違うのかなと思います。

キャリアアップについて悩んでいるとのことですが、会社に所属しながら
フリーの仕事をディレクション〜デザインまでやるという経験をおすすめします。web業界で生きていくのであれば、会社以外の働き方も経験するのが
良いと個人的に思っていて、私はフリー願望は特にないですが、お金的にも経験的にもおいしいので、会社以外の案件も複数こなしています。

デザイナーとして高い給料を貰えるようになるのは本当に第一線の方にしかできないと思いますが、会社+フリーの仕事をこなせばそれなりになりますよ。

ID:mglOls

ありがとうございます。そういう選択肢もあるのですね。
会社+フリーの仕事ですか。
ちなみに、フリーで仕事していることは会社にカミングアウトしているのですか?仕事中に電話かかってきたらやりにくそうですけど。

ID:Jmc/hc

違います。

ID:UoXEmZ さんの回答

この業界には出来るディレクターが慢性的に不足している。営業に毛の生えたようなやつがディレクターとかプロデューサーと名乗っているケースが多いので、出来るディレクターになれば引っ張りだこになる。しかし逆にいうと狭き門だということでもある。

「デザインよりもお客さんと直接話をしたり進捗管理や営業的なことをするディレクターの方に魅力を感じています」というあたりは、向いている気もするけど、ちょっと心配なのは「私ならWP、jQueryをいじれる観点からいろいろお客様に提案できるのに」というあたり。お客さんの聞きたいのは、べつにそんな話じゃないからね。

要件定義したり、プランニングしたり、ワイヤーフレーム描いたりそこらへんはできないとだめだよね。

ID:6GakGw

通りすがりですが参考になりました。

ID:kvD93v さんの回答

結論から言うと、やりたいコトが出来る職種、スキル的に向いてる職種についた方が幸せになれる。あなたの選択が間違ってなければ金なんて後からついてくるから!
とはいえ、一般論でいえばやはり会社内の金銭的序列はディレクターの方が高くなる傾向にある。ただ、無能なディレクターと優秀なデザイナーを比較すればその限りでないわけで、結局自分の能力が発揮出来るか否か。それが大事。
あと、技術的な話ができるディレクターは一見優秀そうだけど、ハッキリ言ってそんなのオマケ程度のもの。客にとってはどうでもいい。それよりも、客の意図を汲み取って、自分のアイディアをのせた質の高い提案できる方が客には喜ばれるよ。そのアイディアをどう実現するか、は制作チームが知恵を絞ればいいくらいのもん。
チーム内から見ても、技術を拠り所にするディレクターより、コミュ力あって、制作部隊の人達をうまく動かせるディレクターの方が仲間受けがいい。
そうそう、あなたが言ってる「進捗管理や営業的なこと」って、それディレクションじゃなくてマネージメントだよね?
そういうことも一緒くたでディレクターって言っちゃう会社多いけど、そういうとこは大体制作力が低いと思う。

ID:Jmc/hc

もっと詳しく説明してくれる?

最終更新日:2013-12-30 (2,396 views)

関連するトピックス

ページ上部に戻る