-
ID:5VQtZ0 さんの質問

webデザイナーはオワコン

みんなの回答 8 件

ID:CqUsoI さんの回答

否定しない

ID:FdUNGm

おれも否定しない

ID:IYfqhN

正式にはWeb業界だがな

ID:5JrPg6

否定しない。
でも業界もだめですかね?

ID:ZUr5It

もともとWebなんて「業界」じゃないと思う。時代の狭間にできた吹き溜まりかな。

ID:bE3BPA さんの回答

一回全部淘汰されて本当にちゃんとした会社だけが残ればそれでいいよ。

ID:bE3BPA

もう5年ぐらい前から言われてるけど超大手のクライアントがいるところかフリーランスの二極化になる。どちらにしても雑魚ウェブデザイナーは駆逐される。

ID:ZUr5It さんの回答

稼げるのは今のうち。インフラ環境の発展時に生まれた 一時的な仕事・職種だよ。後の歴史には1995年から2030年までの仕事だね。

ID:rhLZKX さんの回答

アプリ作ろうアプリw

ID:ZUr5It

ビジネスモデルとしては落ち目

ID:CdfLuy

ソシャゲもパワープレー(CM打ったり)だしね

ID:8.aECZ さんの回答

一生ホムペw作ってるだけで生きていけると思ってる奴はいないだろ

ID:jXGqcB さんの回答

ラーメン屋になろうかな〜

ID:ZUr5It

ラーメン屋、参入障壁高いわよw

ID:rPtWX9

じゃあ私はうどんデザイナーになるわ。

ID:ZUr5It

いやいや地方活性化のため、未来の日本のため、農業をしよう!

ID:rPtWX9
  • 上場企業のSNS担当
  • 販売店のEC担当
  • youtuber

どれにしようかなー ^-^

ID:JMAiIf

毎日まかないがラーメンで、諦めた知人を知っている。

ID:jXGqcB

じゃぁカフェやろうかなぁ〜

ID:VG3EQy さんの回答

分業化が進んでる今
Webデザイナーって括りは範囲広すぎるでしょ
そういう意味ではWeb黎明期の括りでしかないと思う

ID:5ZocEO

本当に進んでるのか?分業化するってことは、それぞれに人件費がかかるんだぞ?誰もが知ってる超大手がクライアントでもない限り、専門を雇う余裕ないと思うけど

ID:VG3EQy

デザインもプログラムも再利用がどんどん進んでいって安価もしくは無料でそこそこいいものが手に入るようになっていく。つまり中小クライアントの下はごっそり持っていかれると思う。ただグラフィック、エンジニア、コンサル、企画、ライティングなんかの需要が無くなるわけじゃない。実数は減るとは思うけど単価が高くなって専門性が増すんだと思う。

ID:5ZocEO

えっと、デザインもプログラムも出来る上での発言ってことでいい?
.
確かに安価で無料でそこそこいいものが手に入るけど、それをそのまま使うのか?テーマ買えばデザイナー・コーダー不要、プラグイン買えばプログラマ不要、レンサバ使えばSE不要、ビジネスブログを見ればコンサル不要とかさ。
.
そんな事はないよな。カスタマイズするにしても、結局人の手が入るわけだ。んで、それを分業させるとしたら、上に出した例だけでも5人の人間が必要だ。安価・無料を希望するクライアントが、果たして5人の人件費+会社の利益になるような金額を払えるだろうか?
.
払えないわな。だからある程度の総合知識がある人に頼もうとすると思うし、そういう人間が居たら制作会社も太刀打ち出来ないわ。だから会社も複数デキる人を雇うんじゃないかな。別にこれはWebに限った話ではないと思うけど。

ID:CN75LF

>払えないわな。
払える所と仕事すればいいだけ。全てのクライアントが安価・無料を希望してるわけではないし、相手が払えないからって売値下げてたら商売なんか成り立たない。払う価値があると納得させれないならどうしようもないけど。
別にこれはWebに限った話ではないと思うけど。

ID:5ZocEO

>払える所と仕事すればいいだけ。
その払える所は超大手以外難しいんじゃないの?って意見なんですが。
需要と供給の話をしてるのに、常に強気で「払える相手じゃないと仕事しない」とか言ってたら、従業員に払う給料も稼げないと思いますよ。

ID:pq8YP4 さんの回答

一人でデザイン、プログラム、インフラできると強いよ。あと5年は食える。

ID:ZUr5It

2030年までがんばって稼ごう!

ID:JMAiIf

そうなんです。デザインだけで、コーディング出来ない外注さんって出しにくい...(補って余りあるデザイン力があれば別ですが) バラすとその分やりとり増えるし。

最終更新日:2015-12-15 (1,728 views)

関連するトピックス

ページ上部に戻る