-
1:ID:mcQrqI · 2週間前

人が辞める時って、自分がもう少し優しくしておけば辞めることなかったのかなぁとか思ったりしません?
毎回後悔します。

ちなみに自分は下っ端です。

6 件の回答

2:ID:sW3vXm · 2週間前

気持ちはわかるけど、その考えが正しいとは限らないし、多分優しくしてても辞める時は辞めるよね。
優しいの定義にもよるしね。人のためになる優しさなら必要だったかもしれないけど、
本人にとってキモチイイだけの環境を与えてぬるま湯に浸からせるぐらいなら、優しさは不要だし。
転職や独立が当たり前の業界だから、そんなことに時間を使いすぎるのは、時間的にも精神的にも無駄な労力だと思うなあ。

3:ID:0P9.X9 · 2週間前

その人にとって退職がステップアップかもしれませんよ。優しくしていると、このひとのためにもっと続けよう。と思いとどまってしまい、成長を止めてしまう原因になるかもしれません。ステップアップの障壁にさせてしまうことは無かったとポジティブに捉えましょう。

ネガティブにとらえても何もいいことはありません。

4:ID:ZNCiC5 · 2週間前

サークルとか部活みたいな考えだな(笑)

5:ID:UhaYGV · 2週間前

経営者や上役ならその思いも分からんではないが、その場合でも「優しさ」とは考えない。待遇面とかポジションとかその辺だ。ただの同僚でしかないなら放っておけ。人には人の人生と考え方がある。オトモダチではないんだから。

6:ID:Bx9oP7 · 2週間前

恐らくチームで仕事をしたことがない人が優しさにネガティブなことを書いてますね。一匹狼の発想というもので、会社として成長しません。
優しすぎるのはその人のためになりませんが、適度な優しさで接すると、その人にとっては過ごしやすい環境になり仕事の効率が上がるでしょう。
貴方にとっては他人と共同作業をしてチームの生産性向上に貢献したと評価され、お互いにプラスになります。

7:ID:cR.7me · 2週間前

日本のWeb業界は基本的にブラック体質です。
技術の習得は自己解決力が重要なので組織として基本的な所を教えるのは優しさではないです。しかしチームで開発し期限がある以上放置すると会社が回らなくなります。
そうなるとどうしても風当たりは厳しくなるので、匙加減が必要になります。技術以外の部分での優しさは大切ですが、離職率の問題を考えるのは下っ端ではないので考えないように。

コメントの受付は終了しました。

一緒に読まれている質問

ページ上部に戻る