-
1:ID:2DLiOV · 2021-09-25

webの価値に対する制作側とクライアント側のギャップ
こんな安い〜妥当な金額でやってるのにと思ってても、あちら側はこんなに払ってるんだから。
ってパターンなのすごい不健全ですよね。

まあでも他の業種もそんなもん?
いやでも、自分が何か買い物する時にそんなこと思ったことないな
webだけ特になんすかねー

10 件の回答

2:ID:c5qZkd · 2021-09-25

建築業界なんかだと、公共工事の労務単価を国が決めてたりするので相場が必然と決まってくるよ
業界の組合とかの実態があんまりないし、同じWeb制作でもどこからどこまでやるかってのも千差万別だから、なかなか相場が定まってないというのもあると思う

3:ID:eI9urA · 4週間前

お店で買い物するわけでなく、BtoBなんだから付加価値をどう付けるかで妥当かどうかは決まる。
大手なんて保守運用という付加価値のために扱い辛いUIや痒いところに手が届かないものを作る。
制作側として満足のいく完璧なものより、金払いのいいクライアントから限界まで引っ張る方が会社や業界としては理想であって、クライアントとコスト面でのギャップが生まれるならクライアントは費用隊効果を感じてないわけだから営業努力が必要になる。クライアントが何を重視してるのかよく確認した方がいい。

4:ID:sAHSoz · 4週間前

Re:3
そういう話しじゃないでしょ

5:ID:sMopBZ · 4週間前

Webの場合、これをやったらこれだけ儲かるっていう、費用対効果を測れない(測りにくい)からね。どうしても知らない人にとっては高額に感じてしまう。

6:ID:kCsJGW · 4週間前

わかります。。
「仕入れがないから儲かるんでしょ」って言われることもあるし、作業する人の人件費くらいで考えられてることが多くて、すごく面倒。
更新だけだからとお付き合いもあるし、めちゃくちゃサービス価格見積もりだしてるのに、打ち合わせに何度も呼ばれた時はさすがに「打ち合わせに行く費用は入っていないんですよね。来てもらえますか?」って言ったんだけど、すごい気まずかったし、最初から高い金額で見積もってたらよかったんかなーと反省...

7:ID:4zO/ZM · 4週間前

紙媒体の添削とか大好きですぐ中身のないチラシ発注する老害社員はweb嫌いだよね

8:ID:0fRy3a · 4週間前

上手にやって儲かってる会社はあるから商売の仕方の問題じゃないかな。
コモディ化された電化製品メーカーでもカツカツでやってる会社もあれば、ウハウハな会社もあるしさ。

9:ID:JnDa/7 · 4週間前

> こんな安い〜妥当な金額でやってるのにと思ってても、あちら側はこんなに払ってるんだから。ってパターン

制作側の金銭的要求がもっともだとしても、クライアント側の価値観に合うかどうかはまた別の話じゃないかな。その価値観を合わせた上で、マッチングさせるのが営業なわけで。
個人的には、全体予算の相場をあらかじめ説明しておけば焦げるようなことはないと思うのだが。ようするに、クライアントにとって聞いてないよってことが後から出てくるのが問題なのでは。

10:ID:nxy7u3 · 4週間前

クライアントの慣れの問題でもあるし、サイトが知名度向上や売上に直結しないなら「高い」と思うのも当然だろう。「なぜ作るのか」が明確にイメージできてないとそうなるわな。

1 件の回答が除外されました。[詳細]
コメントの受付は終了しました。

一緒に読まれている質問

ページ上部に戻る