1:ID:PPLTf2 · 2017-07-14

#質問 WordPress等のDBが必要なサイト開発をされてらっしゃる制作会社の方、ローカルの開発環境はどのくらいの頻度でバージョンあげていますか?
育休前にも随分と放置していましたが、育休明け戻ってきて本番環境との差異で困ることが増えています。
今回は必要に迫られてでしたが、そもそも一般的には日頃からバージョンアップに気をつけるべきだったのではないかと思い、ご教授頂けましたら幸いです。

11 件の回答

2:ID:lRs6LW · 2017-07-14

都度案件毎に用意するので、それぞれ本番と合わせます

3:ID:5BQnDu · 2017-07-14

Re:2
本番と合わせるというのは、どのくらい正確に合わせるのですか?
例えば、AWSのES2とRDSを使っていた場合など。

4:ID:cQdzum · 2017-07-15

ローカルは古いままだわ。PHPも5.3だし。
テスト用のサーバはバージョンアップしてるけど

5:ID:cjRaBH · 2017-07-15

ローカルでやるとしても、まさか手作業でCUIレベルのソフトウェアバージョンを本番環境に追随するわけにはいかないので、最低限、プロビジョニング環境が必要。
それにしても、プロビジョニングファイルを各個人でつくってたらそこに差異ができちゃうから、結論は、ローカルで開発しない。インフラ管理する人入れて、Docker導入すればすべて解決。みんな仮想で作業しましょうという話。

6:ID:cjRaBH · 2017-07-15

Re:5
nodeならnodebrew、rubyならrbenv、phpならphpbrew/phpenvを使って、プロジェクトファイルにcdしたらバージョン設定ファイルを読み込んで自動でバージョンを変更するみたいなことするの疲れたよパトラッシュ。

7:ID:Q156aY · 2017-07-15

Re:5
ローカルで開発しないというのは、例えばAWSのEC2を開発環境としてローカルからアクセスして使うみたいなやり方ですか?vagrantのプロバイダーをAWSに設定して使うみたいな?

8:ID:Q156aY · 2017-07-15

Re:7
インフラ系知識が乏しく勉強したい。。。

9:ID:cjRaBH · 2017-07-15

Re:7
ローカルの定義があやふやではありますが、それはどこでもよいと思いますよー
LAN内の別マシンをつかってもいいですし、Macの中にDockerなど入れてその中で開発してもよいと思います。ただ、どこにマシンリソースを置くかは趣旨ではなく、ともかく、仮想を使って、本番環境とまったく同じものを1ラインで構築できるシステムがあったら便利ですよーということです!

10:ID:Q156aY · 2017-07-15

Re:9 ワンラインというのは、コマンド一発って意味でしょうか? vagrantはなんとか独学で一応使うようになりましたが、dockerとの使い分けもググって読んだけれど関連知識不足でいまいち理解できず。。。ううっ。。

11:ID:DxKYKy · 2017-07-15

ワードプレスなら要件が時々変更される程度だから見落としやすい
https://wordpress.org/about/requirements/

それぞれphpとかmysqlのメジャーバーションがリリースされるたびに、環境を見直し。flywheelとか。俺は面倒くさいから細かいチェックは人任せで、自分のはある程度最新のにしてる。

お客さんがこまめにチェックする事はほぼ無し。必ず1割程度はサポート切れで古すぎるシステムで運用してる人が居る。でも動かないのは全てこちらの責任になっちゃう。

なので、新旧複数のバージョンで常に手軽にテストできる環境を整えておく事が、当然必要になっちゃう。

開発側が客と同じレベルでは不味いんじゃないの?

12:ID:cjRaBH · 2017-07-15

Re:10
トピの趣旨に限定するならば、プロビジョニング環境さえあれば解決(環境維持)すると思われるので、vagrantでプロビジョニングできてれば問題ないのではないでしょうかー

コメントの受付は終了しました。

一緒に読まれている質問

ページ上部に戻る